借換えが得意な税理士とは

2.借換えが得意な税理士に依頼をする

2017年03月15日 17時55分

個人や企業の税務や会計を、依頼主に代わって管理するのが税理士の業務内容です。
全国各地をはじめ、さまざまな地域に税理士が所属する税理士事務所があります。
 
数ある税理士事務所の中でも、今回ご紹介している「借換え」に関して強い税理士が
大阪、東大阪市に存在します。
それでは実際に、「借換えが得意な税理士とは」、どのような税理士であるかについてご紹介します。
 
2-1.借換えが得意な税理士の特徴とは
大阪・東大阪市には、借換えを行うことにより事業を再生させることを得意としている税理士がいます。
借換えを得意とする税理士には、以下のような特徴があります。
 
銀行折衝が苦手な企業のサポートを行う
事業再生のために借換えを必要としている会社の多くは、「銀行折衝」すなわち、
銀行との取引や交渉に関して苦手意識を持つ企業向けに借換えのサポートを行っています。
 
例えば、金融機関への金利の引き下げ交渉をはじめ、
現在借入をしているローンの金利が適正であるか否かなどをアドバイスすることがあります。
 
銀行との交渉や契約時に同行してくれる
借換えが実際に必要であるか否かは、現在借入をしているローンを契約している銀行とのあいだで、
どのように交渉を進めていくかで決めていくことができます。
 
現在借入をしている金融機関との話し合いによっては、今のローンを有利に働くように
取引を行うことも可能です。
その場合は、新しい金融機関との取引を行うことをはじめ、借換えを行う必要はないといえるでしょう。
 
銀行の担当者との間を取り持つという意味や、取引を上手く交渉するためには、
借換えなどに関する業務に強い税理士が必要不可欠
です。
銀行折衝を得意とする税理士が、依頼者に同行して一緒に交渉を進めてもられると非常に心強いものです。
 
 
税理士は、主に中小企業と契約を結び、税務や会計などを依頼者に代わって業務を代行しています。
そのため、銀行折衝が苦手な企業の担当者の代わりに、銀行に直接交渉をすることもできます。
 
借換えのタイミングや効果を最大限活用するためには、税務や会計などに関する情報をよく知る税理士に、
先ずは相談してみるのが一番手っ取り早い方法
といえるでしょう。